──午前1:39

あるひとつの店に
光がついたままだった

薄明るい光

黒い壁紙

床は白黒の一抹模様

外では黒い車が
また人を乗せていく

中では
酒が運ばれる

黒い車が
また店の前に停車した

車内から
黒のスーツ姿の人が降り
車の戸をあけ、
店の戸をあける


店の中から
女の人が
車に走りよってきた

「レイおかえり
疲れたでしょう?
さぁ、
早く中に入りなさい」

「うん
ママありがとう」