「あとは千里くんが来るのを待つだけだな」



勝ち誇った笑みを見せる南



(なんやねんこいつ。千里に勝った気でおる)



「仮に大空くんが来たところであなたが勝つとは限らないわ」



何故かしゃくにさわる



別にあの人に感情を持ってるわけぢゃないのに



「いや、千里くん…大空組はもう俺らの手の中だよ」


「大空くんはそんなにやわぢゃないわ…それに、あたしを助けない方が大空くんにも大空組にも良いわけだし」




そうだ、あたしが消えれば婚約のこともこの騒動も簡単に片付くだろう



感情が薄いあたしの中に寂しさが沸き上がってきた



(うち、最近なにかおかしいわ…)







この作品のキーワード
恋姫  甘々  二重人格  ヤクザ    婚約  極道  関西弁  お嬢様  意地悪