エレベーターに乗り込み、二階のボタンを押す。
扉が閉まりかけた時、ガンッと音がすると同時に手が差し込まれて人が入ってきた。

「拓真!」

息を切らせて飛び込んだ拓真は、私をエレベーターから引きずり出すとそのままフロアの片隅に引っ張っていく。

「ちょっと!どうしたの。披露宴で飲み過ぎたの?」

私の言葉は無視したまま、壁に私を押しつける。手にしていた引出物袋二つは、既に足下に転がってしまっている。

この作品のキーワード
溺愛  お見合い  同期  結婚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。