♪♪♪♪♪〜〜〜



“―――――電話!!”



ぼんやりとした意識の中

慌てて飛び起きて


眠い目をこすりながら
ベッドの横に置いてあるケータイをつかんだ。





あれ?

着信ライトが光ってない



センター問い合わせもしてみた

でも、メールすら来てない。




まただ…

夢の中で鳴ってたんだ

夢を見ていたんだ…。



がっくりと肩を落として、
ケータイを枕元に置いた。


この作品のキーワード
恋愛  実話      浮気  結婚  大好き  中絶  妊娠  嫉妬