30分も市内を走らせてるうちに、私はすっかり上機嫌になっていた。


「もう、本当に終わっちゃうのかと思ったんだよ…」

「俺は何があっても必ず梨華のところに戻るから」


真顔でそんな事を言われたら信じるしかない


私が信じてる限り
この関係は終わらないよね?


それなら私は
どんなウソだって信じるよ

この作品のキーワード
恋愛  実話      浮気  結婚  大好き  中絶  妊娠  嫉妬