22歳になったばかりの私。


まだまだ遊びに、恋愛にと忙しくしていた私。


当時の私は、ゲーム感覚の恋愛を繰り返していた。


合コンが有ると聞いたら参加して、「〇〇君が、格好いいよねぇ~」と採点を付けていたり。


何が恋愛なのか、ゲームなのか麻痺していた。


常に出会いを求めていた。


この作品のキーワード
不倫  切なさ  リアル  秘密  自己チュー