「なあなあ、亜矢ちゃん。今夜暇?」


仕事が終わり、タイムカードを押していると、臼井さんが隣に来て、自分のタイムカードを取った。

「あっ、臼井さん
お疲れ様です。
今日ですか?
暇と言えば、暇だし、忙しいと言えば忙しいし…。
何何?何かの誘いですか?」


突然の臼井さんからの誘いに心が、ときめいた。


「何だよ、それ。
今日暇だったらさぁ、俺ら営業チームで飲みに行くんだけど亜矢ちゃんも、行かない?」



この作品のキーワード
不倫  切なさ  リアル  秘密  自己チュー