交際も順調で、半月が過ぎた。


「これ、持ってて?」


臼井さんから渡されたのは、臼井さんの車のキーだった。


「仕事終わるまで、持ってて?
今日、時間有る?」

キーを受け取って、ジーパンのポケットに入れた。


「今日開いてるよ。どしたの?」


「ちょい付き合って欲しい所あんだけど。終わったら、駐車場で待ってて?」


「分かった。気をつけてね。」


「おうっ。」


この作品のキーワード
不倫  切なさ  リアル  秘密  自己チュー