「斎宮様。
今宵、上様は斎宮様にお渡りにございます。」

「わかりました。」

上様のお渡りは、二日ぶりだ。

仕方がないか。

初めての日に、あんなに無礼をしてしまったんだもの。


この作品のキーワード
大奥  江戸  斎宮  歴史  将軍  側室  時代 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。