それから一月の月日が流れた。

私は、相変わらず公坊様のご寵愛を受けている。

もちろん、公坊様のお勤めとして、他の側室方にもたまにお渡りになる。

その時は胸が締め付けられるように苦しいけど、またきっと公坊様にお渡り頂けると思い、堪えてきた。

公坊様はご正室として御台様を大切にされ、たまにお渡りしている。

もちろん、御台様のお体のことを考え、夫婦の交わりはなされていない。

そして、今日も上様のお渡りがある…。


この作品のキーワード
大奥  江戸  斎宮  歴史  将軍  側室  時代 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。