【長局:お喜世の方の間】


「上様が、新たにご側室を…。」

お喜世は焦っていた。

お世継ぎを成し、さらにお喜世はその美貌より、将軍、家宣の寵愛を人一倍受けていた。

しかし、上様おん自ら見初めた側室となると、寵愛は斎宮のものとなることなど、目に見えていた。

たとえ、鍋松がいても、斎宮が子を成したら…。

「お喜世様、気を落とされてはなりませぬ。
お喜世様は稀にみるご器量をお持ちにございます。
もっと自信をお持ちくだされ。
上様のご寵愛も、きっとまだまだ受けられまする。」

「絵島……。」



この作品のキーワード
大奥  江戸  斎宮  歴史  将軍  側室  時代 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。