カリカリカリ…


室内にシャーペンを動かす音だけが響いている。


アルファベットの上を意味なく動き回るシャーペンは、まるでくるくると踊りを踊っているようだ。


そのシャーペンの持ち主である私、鈴木奈美は、ちらっと隣を見上げた。


その視線の先にいるのは、真剣な顔をして問題集を捲る、端正な顔をした人だ。


いまだに自分でも信じられないことだったけど、その人…隣の家のお兄ちゃんに対する片思いが実ったのはつい最近。


いわゆる、恋人というやつになった…らしい。


こうして家庭教師をしてくれる間も、私は飽きることなくお兄ちゃんを見つめていた。


かといって、勉強に身が入らないというわけでもなく、お兄ちゃんに誉めてほしいという純粋(?)な動機から、私の成績は徐々にあがっていた。


この作品のキーワード
年の差  幼なじみ  隣人  らぶらぶ