私は奈津子。母親が夏に産まれた子だからしっかりした道を歩んでほしいとつけたらしい ごめんね。お母さん。もっと一緒にいてあげたらよかったね。でもお母さんはもういない。 一年前、私はある事務所のオーディションに参加した。第一審査にさえ受かればいいと思ってた。だけど二次審査、面接に進むにつれ私の目標は『合格』になっていた。 見事に合格した私は予想以上に忙しかった。歌手デビューのあとはすぐCDデビューだ。