「由里奈ぁ…?」


せっかく急いで来たのに、いつもいる由里奈がいなかった。


「萌奈ぁっっ」

「由里奈!!」

「ごめん…遅れた…」

「珍しいね〜由里奈が遅刻なんて何かあった?」

「萌奈……」


由里奈はいきなり抱きついてきた。

「え、どうしたの…?と、とりあえず場所変えよ?」


マンションの前なので、すぐそこの公園のベンチに座った。


「グスッ…り…く……がぁ……」

「陸が…?」

「わ゛か゛れ゛よ゛う゛…って゛……グスッ…」

「え?何かあったの?」


2人は共にイライラしてたらしく、意味もなくケンカをしてしまったらしい。


話を聞いた後、電話をして謝り仲直りしたのだった。