―――――――――――
―――――――――


傷ついた美空を、布団に寝かせると、駆け込んでくるように和也が姿を現した。そして入ってくるなり土下座をする。


「すみませんでした!!」


畳に頭を打ち付ける和也。


「和也、顔を上げろ」

「若っ」

「和也だけが悪いんじゃない」


俺の隣で深く眠っている美空は、傷が熱を持ち始めたのか息が上がっている。
俺は、山じぃを呼ぶように言った。しかし和也は動かない。
俺は、小さく溜め息をついた。


「罠に気付けなかった俺達も同罪だ………気にするな」

「若っ」

「山じぃを呼べ」

「っ……はいっ」


和也は、慌てて部屋を出ていった。
バタバタと足音が遠ざかっていく。


「………美空」


俺は、眠る美空の額に張り付いた髪を避けてやる。


この作品のキーワード
シリアス  ヤクザ  借金  裏切り  復讐