「それに好きだけど
…叶わない気がする。」


だって6歳も
離れてるんだもん。


「そうかなぁ…
うちは叶う気がする。」


祐実が空を見上げた。


社交辞令とか…
軽い言葉じゃなかった。


「あたしも思う!!
……ってか叶えろし!!」



叶えたい……

出来ることなら
付き合いたい。

でも………




あたしにとって
6歳差は
たいしたことないけど
向井さんにとって
あたしは
子供に見えるはず。



本当は
相手にされないのが
怖いだけだった。




会えるだけで嬉しい…
確かに事実だけど
もう少し望んでるのも
事実だった。