「じゃあ
離してください!?」


「ん??………無理。」



ってか更に
力強くなってない!?

あたしはゆっくりと
包丁を置いた。



「…向井さんお腹
すいてないんですか??」

「すいてるよ。」


「じゃあ……
「今はこうしてたい。」


ドキッー


ダメだなぁ…あたし。

何も言えなく
なっちゃうじゃん。


「ダメ??」

そんな顔で言われると
脈がヤバいことに
なるって!!




「ダメ…じゃないです。」


向井さんは
満足そうに笑った。