山道の途中に、目的としていたその街の看板はあった。



その看板を過ぎて五分程経っただろうか、街の建物はまだ見えてこない。



夜逃げの手伝いをしていると、俺まで借金を背負った気分になってきて、気が滅入る。



そんな俺の気分を察してか、災難は災難を呼び、新たなトラブルの引き金となる。




右に左に緩いカーブを幾つも進んだ時、前方から飛ばしてくる軽のバンが目に入ってきた。



中央車線など見えていないように、お構いなしで最短ルートを選びながら向かってくる。



俺の選んだルートは旧道なので、皆走りやすい新道の方を通る為、擦れ違う車など夜が明けたと言っても夜中とさほど変わらず、少ないままだ。



嫌でも必然的にそのバンが目に付いてしまう。その距離は俺が思っているより早く、確実に近づいてくる。




すれ違おうとした瞬間、車体の右側から鈍い音と衝撃が…思わず舌打ちしてしまう。



…余計な事を。



フロントガラスに飛んできた破片を見ると、運転席側のヘッドライトが割れたらしい。

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。