「ねぇ、キスしてよ」


薄暗い部屋、
ディスクの上のパソコンに向かって仕事をする彼。

視界に私は入っていないの…つまんないよ


「忙しいから後でな」


もぅ、ちょっとだけでもいいのに、
もっと私を求めてよ、

こんな人なんで好きになっちゃったんだろう…

真っ黒で艶のあるサラサラな髪の毛
キリッとした瞳に筋の通った形のいい鼻
薄く色っぽい唇。

嫌いになれない、彼の事。




この作品のキーワード
年上の彼  好き  年の差  愛おしい  甘々  キス  不満  不安  無愛想  想い