「全てを捨てます、彼の為なら」

――追われている謎の娘



「もう誰も失いたくない。けれど"これ"を抑える自信がないんだ」

――闇と花が漂う過去を持ったヴァンパイア



「愛し合うとより深く深く、お前達は堕ちていく。お前はその先にあるものを再び見るつもりか」

――少女のなりをした化け猫



「昔っから好みは変わらんのやな、お前は」

――飄々とした郵便屋の狼男



「貴方、いい男でしょう。私には分かるの」

――妖艶で不敵な笑みを浮かべる女ヴァンパイア




絡み合う想いと共に、

選んだその選択に通ずるのは


絶望か、愛か




この作品のキーワード
異種族  ヴァンパイア  パープル16  狼男  庭園  ミステリアス  シリアス  舞踏会  花言葉  吸血鬼