どれがほんとの『私』なのか…
運命の歯車が
狂いだす…




完全フィクションです
実在する人物・団体とは関係ありません
なお、時折、血などのグロテスクなシーンが多少含まれますが御了承ください。


初めて書く作品なので
文章がおかしかったりしますが
どうかお許しください;

この作品のキーワード
超能力  スパイ  裏工作員  記憶