パーティが終わり、
帰路につく。

ボスと、ロバートと共に、
主催者にお別れの挨拶をした時も
あの人は、私を冷めた目で
一瞥して、二度と視線も会話も
交わす事はなかった。




『オマエハ、アノトキ、

シネバヨカッタンダーーー』




声こそ、ジェイドの叫びに
かきけされたけれど
そう、唇が動いた事が
記憶に残って虚しい。

こんな男に、何で惚れたのか、
自分でも、もう、わからなかった。

あの日から、ずっと、
わからないままだ。

あれから、ずっと
誰かと、付き合うこともなく
ここへきた。

若さのせい---

単純に、それだけだって
思えれば、いいのに。

そんな簡単に言い切れないのは
苦い思い出が
形として残っているからだろう。


用事があるので、失礼すると、
二人に切り出し、
駅まで送ると聞かないボスを、
何とか宥め、
一人でエントランスを後にした。


視界の隅に映るモデル達は、
ジェイドと数人の中心人物を囲み
相変わらず華やいだ空間におり、
遠く賑やかな会話中から、
彼等がこのあとクラブに行く
相談をしているのが、
聞き取れた。


 











この作品のキーワード
俺様  先生  傷心  モデル  強引  大人  元カレ  わがまま男子 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。