結局会議も大した事を聞いた訳じゃなかったし、何がしたいのかさっぱりわからない。



「お前に話しがある」



この声は…色男…。
間違いないわ…彼の声だわ。



「…何よ?」



周りにいる仲間は一斉に私を見ると、開いた口が塞がらない様に顔色を真っ青にして私を見てる。


まあ、無理もないわよね。本部の人間に向かってタメ口をきいたんだから。


この作品のキーワード
肉食系  肉食獣  危険  鋭い  大人  大人の恋愛  ワイルド  小悪魔  本能  秘密 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。