午後の授業中

椅子にかけた制服の上着を先生がチラチラ見る。


そうだよね。私は上着着てるし、それなら椅子にかかってるのは誰のだって感じだよね。


でも先生は何も言わず、本読みしながら横を素通りするだけだった。








授業が終わり、月ちゃんが私の席までやって来る。

「さや、帰らない?」

「ん…。絹川くん、迎えに来るみたいだから、まだいるね」

「へぇ~。さや、すっかり絹川当麻の言いなりなんだぁ?」

「言いなりじゃないケド。待ってるから、月ちゃん先帰っていいよぉ」

ニヤニヤして私を冷やかす月ちゃんの背中を押し、教室から追い出した。



言いなり…

じゃないってば。



私の意志で待ってるんだから。






金髪じゃなかったら怖くないし、何もない時は性格も穏やかだよね。

天ちゃん先輩は嫌だけど、近寄らなきゃ害はないし。





「待った?」

席でウトウトしてたら、絹川くんがいつの間にか私の前に立っていた。

この作品のキーワード
俺様  ヤンキー  不良  胸キュン  先輩  甘々  キス  金髪  高校生  イケメン