教室に戻り、月ちゃんに事の成り行きを話す。

さっきの一件で、お腹は空かず。今日のお弁当は全く手をつけてない。


「うっ…。月ちゃん、ひどいでしょ?何で私ばっかりこんな目に…」

「さやはぁ~…中学の時からモテてたじゃん。何を今さら」

「モテてないよ」

「ううん、モテてたよ。そりゃ、サッカー部の王子と付き合ってたから、誰も手出しできなかったんだけどねぇ」


王子…ねぇ。

たまたま、付き合ってた子が王子になったというか。

付き合い始めは私より低くて、みんなに小猿とか言われてたような子なんだよ?

成長するにつれ…

背もぐんぐん伸びて、顔もかなり整ってきた。


いつの間にか、彼は女子に囲まれ…

気付いた時には、

私のそばからいなくなってたんだ。

この作品のキーワード
俺様  ヤンキー  不良  胸キュン  先輩  甘々  キス  金髪  高校生  イケメン