仕事は以前の三倍はサクサク進んでいた。
女性オーナーからもお誉めをいただいた。

「ケイナちゃん、頑張ってるわね。この調子で頑張ってちょうだい」


はい。と私は返事をした。
これで契約も延長されそう。


同期のアキノはふてくされ気味だけど、私よりまだまだ仕事はできる。


苦手だったデザインソフトも使い方が驚く程、楽になった。

みんなが事情を知ってるけど仕事が優先。

オーナーにとって私たちは働きバチ。

私のスキルはみるみる上がっていった。

だって私は



三週間に彼氏にフラれたのだもの。

この作品のキーワード
恋愛  失恋  片想い  変身  セクマイ  女の子  同性愛者  勇気  友情  仕事