あれから、仕事が始まって。


特別、榊さんと話す事もなく時間だけが過ぎてった。


お昼は、大抵私がテイクアウトできるものを買ってきてみんなで食べる。

いつもと同じように買ってきてみんなで食べようと1階に集まってきた時に、榊さんと顔を合わせたけど、もう何も言ってこなかったしいつもと変わらぬ態度。


本人も「俺にいいたくないなら別にいい」て言ってんだし、いっか。


教授のことは…もう少し考えよう。

ホントのことは話せないけど、せめて納得はしてもらえるようにちゃんと話をしよう。

この作品のキーワード
オフィスラブ  社長  大学生  ストリップ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。