「あのっ!!」


何とかしなきゃ!
何とかしなきゃ!


その思いに駆られて、大きな声で武藤さんに声をかけ、大股で武藤さんの前まで行くと


「本当に申し訳ありません!黄色い花ですいません!

それでも、あの、図々しいのですが…チャンスを下さい!お願いしますっ!!」


そう言って私は頭を下げた。


自分でも、何でそんなことしたのかわかんない。

でも、このまま終わらしちゃダメだと思ったら体と口が勝手に…。

この作品のキーワード
オフィスラブ  社長  大学生  ストリップ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。