それから私のおなかの子ゎ順調に育っていき、

龍司もしゃべれるまでに回復した。

龍司に妊娠を告白したのゎちょうど妊娠5ヶ月のときだった。

私ゎ龍司の手を力いっぱい握りしめ、「私、龍司の子供を妊娠したの」

といった。龍司ゎ目に涙を浮かべながら私の手を握り締めた。

そして、「俺が意識も無いときに、たった一人でその子を育ててくれてたんだね。孤独で寂しかったよね。いっぱい泣いたよね。

でも、これからゎ俺も一緒にその子を育てるから。

もう一人じゃないよ。

二人でその子を育てよう」

その言葉を聞いた瞬間、私の身体ゎ勝手に龍司を抱きしめていた。

そして私ゎ言った。

なきながら自分でもよく分からない言葉達を頭に浮かんだ瞬間口に出して。

声が出るほど泣いた。ヒックヒックいいながら龍司の胸の中でなきつずけた。

その間中、龍司ゎなにも言わずに私の背中をさすりつずけてくれていた。


私の中でゎやっぱり龍司が一番だった。

龍司が意識不明だった頃、私ゎずっとなにかを探していた。

一人で暗闇をひたすらさまよいながら、

目に見えないなにかを探しつずけてた。


そして、龍司の意識が戻って、私も暗闇からこの世界に戻ってきた。

私が暗闇でひたすら探しつズ毛手いたもの。

それゎ、まぎれもなく龍司の愛だったんだね。