ある少女の見た夢…
それは、ある科学者と未確認生物の間に出来た不思議な絆の夢だった。
少女は夢を見終えた後、涙を拭った。もう二度とこんな夢は観たくないと。
少女は見た夢を語してくれた。そしてその話は私達を夢の世界に導くだろう。より多くの人にこの話を聞いてもらいたい。そうすることで少女も少し気が楽になるかも知れない。
※少女の話は科学者目線になったり未確認生物目線になったりします。いずれも節に【科学者】か【未確認生物】か示しますので宜しくお願いします。