「あの、社長。話ってなんですか?」

「相川、君にはこれから他に手伝ってほしい仕事ができた」

店長にはさっき伝えたから。今すぐ私服に着替えて駐車場に来てくれと言うと社長はどこかに行ってしまった。


他にできた仕事ってなんだろう?


とにかく、店長や由希達に


「ちょっと、行ってきます」


と伝えてあたしは社長から言われた通り。更衣室で私服に着替えて駐車場に向かった。


すると、駐車場にはもう社長が待っていた。


慌てて駆け寄り、お待たせしましたと頭を下げると


「いいから。とりあえず乗って」


社長は、そう言うと高そうな2ドアの外車のドアを開けた。

あたしは促されるまま車に乗り込み。助手席に腰をおろした。

ドアを閉めようとしたら、社長がパタンと閉めてくれて


こういう事をされたのは、初めてだったから。


運転席に乗り込んできた社長に


「ありがとうございます」


少し頬が赤くなるのを感じながらお礼を言った。