「ふ~ん……納得できないけど話はわかったわ~」




弥生ちゃんは腕組みしながら変な事を言った。




夏休みに入り、私にも人に言える余裕ができたので、告白の事を弥生ちゃんに報告していた。



またまたファミレスで…






「で……何であんたまで居るの?」





弥生ちゃんは私の隣を指差した。







私の隣には、アイスコーヒーを飲んでいる田中君。









「だって友達じゃん。新垣がどうなったか気になるじゃん」




目を輝かせて言うから、何だか興味本位な気がする…





でもちゃんと話を聞いてくれるから、それで言い触らすとかは全くなく、ちゃんと見てくれてるから、だから良いかなって思う。




 

この作品のキーワード
王子様  ピュア  学園  高校生    片思い  切ない  内気  青春  爽やか 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。