「ふーん…で、私が行った時3人で居たわけね…」


弥生ちゃんが、アイスティーのグラスに刺さるストローをいじりながら言った。


3人で仕事をした為、図書室の仕事はいつもより早めに済んだ。

終わった頃に来た弥生ちゃんは、梨華ちゃんを見て、
「手伝ってくれてありがとね」と言ったものの、私に向けた顔には「どういう事?」と聞いてる様で笑顔が怖かった。



そのまま帰してもらえる訳も無く、私はファミレスに連行された。



「梨華は案外積極的なんだ~」


「うん、梨華ちゃんも自分で頑張るって言ってたもん」



弥生ちゃんはストローに向けてた目を上げて、私の顔を見た。




「で?香はどうするの?」


真剣な目を向けられると、どうしていいかわからず、下を向く。



 

この作品のキーワード
王子様  ピュア  学園  高校生    片思い  切ない  内気  青春  爽やか 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。