いつもの様に一日が始まる。





でも、弥生ちゃんに打ち明けたからかな?なんだか気持ちが晴れてる。

梅雨はまだ終わらなくて、今日も雨が降ってるけど、普段の鈍よりした気持ちは無くて、
お気に入りの傘をくるくる回してしまうほど体が軽くてウキウキしている。






「え~じゃあ皆、各委員会に行くように」




先生の声に皆が疎らに立ち上がった。



今日は月に一回の委員会会議の日。


私と弥生ちゃんは図書委員だから図書室で会議。



二人で肩を並べながら歩いて行った。



昨日あんな話をしたけど、今日はそれに触れる事無くいつも通りだった。




昨日も結局、具体的にどうするかとか浮かばずに解散になったんだ。



でも私は、弥生ちゃんが一緒に考えてくれるっていうだけで、一人じゃないと思えて嬉しかったんだ。



 

この作品のキーワード
王子様  ピュア  学園  高校生    片思い  切ない  内気  青春  爽やか 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。