「じゃあ、そこのスイッチ押せばオンになるんで…」


放送部の人が指示をしてくれ、私はマイクの前に座った。


弥生ちゃんは防音になってる部屋の外に居る。ガラスの大きなまどからこちらを見ていた。







凄く緊張して手の震えが止まらない……


そんな私を見兼ねてか、弥生ちゃんは部屋に入ると、

静かに私の隣に座って、コツンと私の肩に自分の肩をくっつけた。






ああ…弥生ちゃんありがとうね……



言葉は無いけど、気持ちが和らいだ。






私はそのままスイッチを押した。







「こんにちわ、図書委員の2年新垣香です。
今週から週2回、図書委員会より図書室の本の紹介をしたいと思います」




何回も練習した言葉をマイクに向かって話す。



以外にもスラスラと言えたので良かった。





 

この作品のキーワード
王子様  ピュア  学園  高校生    片思い  切ない  内気  青春  爽やか 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。