朝、教室に入ると席に居た永井君と目があった。





「おはよう」



永井君はいつもみたいに挨拶をくれた。




「あっ…おはよう…」





でも、直ぐに前を向いて友達と話してる。



何だかいつもより素っ気ない気がする…


昨日の事も無かったような感じで、

何だかぽっかり空いた心。








「はい?放送部に入った?」




弥生ちゃんは私を見て聞き返した。
私が断ると思ってたらしく、凄く驚いていた。




「頑張ろうと思うんだ」



私の言葉に蔓延の笑みを見せた弥生ちゃん。





「で?あれはどうした訳?」



いつもの様に窓に寄り掛かりながら座ってる田中君が、どこかを指差しながら言う。








何だか、始めは「席がうるさいから」と迷惑がりながらこっちに来ていた田中君だったけど、

最近は3人で話ながら休み時間を過ごしている。

まぁ授業中に寝てる事はかわりないけど、



男友達って感じで嬉しい。




 

この作品のキーワード
王子様  ピュア  学園  高校生    片思い  切ない  内気  青春  爽やか 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。