「初めまして」

恥ずかしそうにニッコリ笑うその子には、顔合わせ前の触れ込みで、彼氏がいる事は知っていた。

知ってても、ほぼ一目惚れだった。

でも他人のモノ。
だからって大人しくなんてしてられない。

だから、オレはお前を無理矢理ペットにしたんだ。

ペットなら、堂々と側に置いて置けるとその時は考えたんだ。

でも2人きりはツライ。 だから、寄って来る取り巻き達はそのままに、オレ達の関係がスタートした。

気を抜くと、お前を見つめてしまう。

唇を見るとキスしたくなってしまう。

彼氏の話なんかが聞こえて来ると、醜い嫉妬なんかしてしまう。

自分の平静を保つ為にお前に冷たくし続けた。そうでもしねぇと、やっていけねぇ。

それがどれだけお前を傷付けてたとしても。

そしてこのやり方が間違いだったんだと気付いたのは、お前が彼氏と別れたと聞いた半年前からだ。

フリーなんだから何でも出来るのに、今更この関係を変える事は意外と難しかった。

その間に、また誰かに取られるかもという焦り。

不安から、ついペット扱いが酷くなる。

でも環が、オレの言うとおりに動いてくれる事で、安易に安心を求め続けた。

オレは、もうこれ以上、どうすればいいのか分からなかったんだ。

この作品のキーワード
俺様  大学生  先輩  冷たい  ペット  キス  甘々  ベタ  嫉妬  キス魔