あれから何日経っても環はオレの目の前には現れなかった。

学部も学年も違うオレ達は、偶然に会う事はあまりない。

なのに。
環だ…。

遠目でも分かった。

中庭を環にナツ、そして見知らぬ男2人と4人で歩いていやがる。

手でジェスチャーしながら笑いあっていて楽しそうだ。

オレには向けられる事のない明るい笑顔に胸が痛む。

環はオレのだろ?

あぁ、ムカムカする!!

もしかして、もうどっちかのヤツに取られちまったのか?

このまま出て行って無理矢理にでも連れ去ってしまいたい。環を泣かして、グチャグチャにしてしまいたい…。

「せ~んぱい、何見てるんすか?」

黒い感情を持て余してるオレの背後で、脳天気な声が聞こえて来た。

「眉間にシワがよってますよ」

それは、ニヤリと笑った谷川だった。

「あれは、なっちゃんと環ちゃんですねー。あ!そうそう今日もオレと3人で打ち合わせなんですよ。『夏会』楽しみにしてて下さいね。合い言葉は"ホイホイ"ですっからっ!!」

ホイホイ? 余興か?

「後ですね~、あの2人の男は友達ですよ。仲良いみたいですけどね」

「…………」

「じゃ! オレはこれで」

言いたい事だけ言った谷川は、きな臭い笑顔を浮かべながら手を振り去って行った。

くそっ。

中庭に目を戻したが、環の姿はもうなかった。

この作品のキーワード
俺様  大学生  先輩  冷たい  ペット  キス  甘々  ベタ  嫉妬  キス魔