「あすか圭介と会うの?」


髪をごしごし拭きながら聞いてくる。


「体入の前にご飯たべようって。みんなで行くんでしょ?」


私が思わず聞き返した。


「私さゆ姉に付き合ってもらってiモード買いに行くことになったんだよ。それ話したら優も買うって(笑)」


「へぇーそうなんだ」


……えっ!?


ちょっと待って!?…って、ことは、圭介と2人きり!?


え、えっ!?ど、どうしよう…。


軽く握った手を口元に当て、何度もまばたきをして焦る私。


そんな様子を見て察したのか、美香が笑った。


「大丈夫だよ、2時間くらいだし。さーてと、化粧しなくちゃ」


美香が頭の後ろで手を組み、鼻歌を歌いながら部屋へ戻る。


そんな後ろ姿を追いかけるように、私も慌てて歩き出した。

この作品のキーワード
切ない  実話  過去  成長  ホスト  キャバ  男依存  友情  青春  恋愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。