「工藤くん!工藤純一君!」





しん…と

静まりかえる教室の中


突然入ってきた教頭先生が
僕の名前を呼んでいる。



「工藤君。今すぐ教室を出て
私についてきなさい」


怖い顔をして
教頭先生は僕の名前を呼び続ける。


ちょっとドキドキする。


なぜだろう?


授業中に呼び出しなんて
あり得ない。

この作品のキーワード
結婚  リアル  冷たい  秘密  裏切り  独占欲  オトナ女子  切ない  純愛  運命 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。