「ふふ…、この空をもう一度飛べるなんてね…?」


手を繋いだアランの心が、
やっぱり私にも読めたら良いのに、ね…?

貴方は、
今何を考えているの?



穏やかな青い空を、
私たちはゆったりと時間を掛けて飛んでいた。

まるで、この世界を離れる事が名残惜しいかの様に…


私にその術は無いけれど、私の心を知ってか知らずか…
アランが飛ぶ速度を落としてくれているんだと思う。


ここへ来た時と、
大分心境が違うんだよ、私。

これからも性格上、頑張っちゃうんだろうけど…
もう一人で無理してまでは頑張ろうなんて、思わない。

ギリギリに追い詰められていた心は、この風に流されて…

この空に、置いていく。


…そう思えるんだよ?
スゴくない…?

そんな事を考えて、
アランに伝わっているのか、手を繋いだ彼を見ると…

やっぱり、
まるで自分の事の様に、嬉しそうに笑っていた。