蒸し暑い夏が終わり、長かった夏休みもとうとう終わって。
少しだけ、夏の熱気を持ちつつ、鈴虫の鳴く声も涼しげに聞こえる秋がやってきた。


私の大学最後の夏は、結局。

失恋で始まり、別れを迎えて。
それで終わった。

旅行から戻ってからは何もなく。
今までのように、また、平凡な毎日が始まった。


戻ってすぐは、アヤの事を夢見て、思い出して。
泣いた日もあったけど。


いつまでも会えない人物の事を思って泣いていたって仕方がない。
それに、永遠に会えないわけじゃない。
いつかまた、会えるか分からないけれど、あの国にまた。
アヤに会いに行ってみよう。

そう思えば、少し、気持ちを浮上させる事ができた。



この作品のキーワード
ひと夏の恋  旅先  出会い  失恋  別れ  セレブ  最後の夏  政略結婚  王子様 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。