今日も夕飯ね支度をする。


もうすぐ、先生がやってくる。





−ガチャ……−





あっ、やってきた!


あたしは火を消して玄関へ急ぐ。






「先生、お疲れ様」


「ほんと疲れたな」






そう言って、先生はあたしをギュッと抱きしめる。


あたしは先生の胸に顔を埋めていく。すごく安心するんだよね。




今は冬だから当たり前だけど、先生の体が冷えてる。





「先生、早く部屋入ろ?温かくしてあるから」


「もうちょっとだけ」


「……うん」






この作品のキーワード
先生  キャバ嬢  元生徒  甘々  イケメン  強引  秘密  禁断  過去  切ない