先生と抱き合ったあと寝てしまっていて、起きたら10時をまわってた。


あたしは急いでレンに電話をかける。


冬休みだからレンもケイくんも大丈夫だけど…あたしが帰ってないなんて心配してるよね?






「もしもし、レン?ごめんね?今から急いで帰るから。ケイくんは大丈夫?」


『それは大丈夫。先生といるんだろ?俺たちは大丈夫だから。先生とふたりで出かけてこいよ』


「えっ、でも…」


『いいから。昼は適当に食うし、夜飯までに帰ってきて』


「…うん。ありがとう、レン。ほんとにいいの?」


『うん』


「何かあったらすぐ電話してね?危ない事しちゃ駄目だよ?火を使う時は気をつけてね?」


『分かってるって!じゃあな』






ほんとにレンはいい子だ。
子どものくせに気が利くし…。




でも、先生と付き合ってからふたりで出かけた事もなかったもんね?




この作品のキーワード
先生  キャバ嬢  元生徒  甘々  イケメン  強引  秘密  禁断  過去  切ない