夕方になって帰ってきた祥介さんは『連絡できなくて悪かったな』とだけ言い、ケイくんを連れお風呂に入っていった。



あたしは謝ってほしいなんて一度も思っていないのにな…。


ただ、連絡できなかった理由がしりたかった。


言えないなら、抱きしめてくれるだけでも良かった。



それなのに疲れた顔をして帰ってきた祥介さんは、あたしと目も合わさずにお風呂に向かった。




ずっと待っていたのにって悲しくなってしまった。






この作品のキーワード
先生  キャバ嬢  元生徒  甘々  イケメン  強引  秘密  禁断  過去  切ない