「……行くか」



「そうですね。
今日は早めに行きましょう」




へ?どこに?



どいつもこいつも言葉が足りなさすぎ。




「ほら―、亜美も行くよ」



『あのー、みなさんどちらへ?』



「決まってんやん。倉庫や倉庫」



『私も行っていいの?』



「亜美ならいいよ」




本当にいいのかなぁ。



幹部に認められても、下っぱ君たちが受け入れてくれるか、不安だよ。




確認の意味を込めて悠基を見ると……。




「お前は仲間だろ?」




……凶器。



その笑顔は凶器でしょ。



そんな顔されたら、悠基の言葉を全部拒否れなくなっちゃう。


この作品のキーワード
御曹司  総長  美少女  イケメン  財閥  暴走族  不良    過去  変装