ホントにこれでいいのかよ...俺。








放課後。


誰もいない教室で
オレンジ色に塗り替えられた空を



窓からボーっと眺めていた。





「変人先輩」



その声を聞いて

俺の胸は和太鼓が叩かれているように
高鳴った。




「なんだよ。一応先輩だよ、俺」


「知ってる。だから先輩って言ったじゃん」



それでタメ口かよ…。





歌波は

教室になんのためらいもなく入って、
俺の近くまでやって来た。




夕陽に照らされてる歌波も

悪くねーな。







この作品のキーワード
甘々  イケメン  美少女  漫画  リアル  キス  バレー部  マネージャー  先輩  強引