――もともと行くつもりはなかったけれど、日を追うごとに気もちは揺らいだ。

銀河の過去に何があったのか知りたい想いは、おさえてもおさえても胸の中でふくらんでいった。

やがて自分の気もちのやり場に困った私は、どうするつもりなのかもわからないまま、気がつけば流星の携帯番号の記されたコースターを手にしていた……。

携帯に数字を打ち込んで、発信ボタンを押した。

電話は呼び出しコールが続くが、いっこうに出る気配はなくて、「やっぱり、もうやめよう…」と、私は電話を切ろうとした。

だけど、切ろうとしたその矢先に、ふいに電話が繋がった。

この作品のキーワード
イケメン  ホストクラブ  ホスト  ラブ  俺様  チャラ男  メガネ    キス  逆ハーレム 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。