"亜梨紗"



それが遥の幼なじみの名前。

遥がほっておけない大切な幼なじみの亜梨紗ちゃん。



「どうも私が言うと、嫌味にしか聞こえないなぁ…」


初めは気にしてなかったのに。

遥を好きになるほど私の不安は生まれた。
本当に、厄介な感情でしかない。



どうしても、亜梨紗ちゃんには勝てない気がした。


"行かないで"

そう言っても許される立場なはずなのに
私がそう言っても遥は離れないって自信が全くなくて。


だからって気にしないこともできなくて。




わがまま言って離れるくらいなら
何も言わないから。そばにいたい。





この作品のキーワード
わがまま  幼なじみ  別れ  嫉妬  強がり  後悔  我慢 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。