沙耶たちと楽しい時間を過ごしている中で、

胸のドキドキが消えない。



さっきから……健史、近いよ。


体が触れないように座ったはずなのに、健史の左半身がわたしの右半身に触れてる。


みんなと楽しく喋ってる中で、

健史の温もりに染まっていくわたしは、嘘をつくより器用な人間なのかもしれない。



「夕実、さっきの微妙って何?」

「え……」


健史の顔が近すぎて振り向けない。


「微妙……は微妙だよ……」

「何だよそれ」

「だって、微妙なんだもん」


健史へのドキドキと、『微妙』の中身を話す事に戸惑ってしまう。






この作品のキーワード
同窓会    再会  短編  忘れられない  元彼